株式会社 信州セラミックス
会社情報e+プロダクトセラミックス複合技術歩み採用情報ホーム
会社情報
社長挨拶
会社概要
ビジネスモデル
細菌・ウイルス評価ラボ
ウイルス不活化試験
企業理念
IR情報
 
品質管理/新材料開発/市場調査 < 不活化試験
 
ウイルス不活化試験
ウイルス不活化試験を受託しております。
インフルエンザA香港型の検査が可能です。
お客様の使用目的・対象品に応じて試験設計を致しますのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。
対象品
 一般工業製品(ガラス製品、金属製品、プラスチック製品など)繊維製品(布、不織布など)、その他ご相談下さい。
試験可能ウイルス
細胞の様子


インフルエンザウイルス A香港型 (H3N2)
測定方法
プラークアッセイ法の様子
 ウイルスの感染価測定はプラークアッセイ法を用います。JIS Z 2801(抗菌加工製品-抗菌性試験方法・抗菌効果)、JIS L 1902(繊維製品の抗菌性試験方法・抗菌効果)、消毒剤の殺菌効果試験などを参考として、ウイルス用に適した方法で行います。
 なお、試験内容・試験計画については、使用目的・対象品の形状などにより異なってまいりますので、お問合せ下さい。
お問合せ
電話番号:0264-55-1221
Email:info@shincera.co.jp