株式会社 信州セラミックス
会社情報e+プロダクトセラミックス複合技術歩み採用情報ホーム
セラミックス複合技術
摺動部材
遠赤外線
絶縁導電部材
e+ water
FAQ
 
セラミックス複合技術FAQ
 ★ 溶射
  
Q1. 溶射とはどのような方法ですか。
Q2. 溶射法での特徴は?
Q3. どのような材料が可能ですか。
Q4. 皮膜厚さの可能範囲はどの程度ですか。
Q5. どのような利用が考えられますか。
 ★ 摺動部材
  
Q1.摺動とは何ですか?
Q2.溶射加工された摺動部材にはどの様な特徴がありますか?
Q3.溶射加工された摺動部材にはどの様な所に利用されていますか?
 ★ 遠赤外線
  
Q1.遠赤外線とは何ですか?
Q2.溶射法により加工された遠赤外線部材はどの様な特徴がありますか?
Q3.遠赤外線はどの様な所に使用されていますか?
 ★ ジュール電極
  
Q1.ジュール電極とはなんですか?
Q2.ジュール電極の特徴は何ですか?
 ★ バンドヒーター
  
Q1.バンドヒーターとは何ですか?
 
  

 

 

 

 
  ★ 溶射:Answers
 Q1. 溶射とはどのような方法ですか。
  
高温で金属、セラミックスを溶融し、溶融した物質を高速で叩き付ける事により粒子間を物理的に密着、積層し溶融皮膜を形成する方法です。
 Q2. 溶射法での特徴は?
  
当社は、溶射法の中でも低温溶射という特殊な方法で皮膜を形成しております。
この方法ですと、熱に弱い物質、例えばPET、紙へのセラミックスの溶融皮膜の形成が可能です。
 Q3. どのような材料が可能ですか。
  
金属、酸化物系のセラミックスが可能です。
 Q4. 皮膜厚さの可能範囲はどの程度ですか。
  
用途により皮膜の厚さを変えております。
薄膜用途では 30μm、厚膜用途では 1000μm まで可能です。
 Q5. どのような利用が考えられますか。
  
電気的特性では絶縁皮膜から導電皮膜、機械的特性では耐磨耗・低摩擦摺動、化学的分野では耐食皮膜、熱的な用途では耐熱皮膜・加熱もしくは冷却促進皮膜・断熱皮膜、バイオ関係では殺菌・殺藻皮膜等が可能です。

  
FAQトップへ

 

 

  ★ 摺動部材:Answers
 Q1.摺動とは何ですか?
  
「摺動」とは、物が滑って、動く事の意味です。
 Q2.溶射加工された摺動部材にはどの様な特徴がありますか?
  
物が滑って、動く場合、「摩擦」「摩耗」現象が起きます。セラミックスとテフロン材料との複合により、低摩擦摺動が可能になり、磨耗現象も低摩耗になる特徴を有する材料です。また、基材への熱影響が非常に少ない、当社独自の 低温溶射法による加工のため、焼入れ材の焼き戻しが無く,小径材料へのコーティングが可能な特徴があります。
 Q3.溶射加工された摺動部材にはどの様な所に利用されていますか?
  
水の中に土砂が含まれ、軸磨耗現象が激しい浄水場での攪拌槽の水中軸、半導体リードフレーム打ち抜き金型用サブガイドポスト,人工透析機の水中軸,工作機械用高水圧ポンプ軸等に使用されております。

  
FAQトップへ

 

 

  ★ 遠赤外線:Answers
 Q1.遠赤外線とは何ですか?
  
1800年に天文学者でもあるイギリスのウイリアム・ハーシェルが、太陽光線の七色のスペクトルがどの様な熱作用があるかを研究している際に、紫から赤に移行するにつれて温度が移動することに気が付き、さらにまた赤を越えても、即ち可視光線よりも波長の長いところに、より熱効果の大きい波長帯があることを発見した。
これが赤外線であり、赤外線の中で最も熱効果の大きい光線が遠赤外線です。
 Q2.溶射法により加工された遠赤外線部材はどの様な特徴がありますか?
  
溶射法により形成された皮膜は、表面に凹凸があるため、他の方法で形成された皮膜より比表面積が大きいため、同一面積では多くの遠赤外線を出します。
また、溶射により形成された皮膜は、塗装法により形成された皮膜より密着力が強いため、使用温度にもよりますが、剥離の心配がありません。
 Q3.遠赤外線はどの様な所に使用されていますか?
  
暖房では、パネルヒーター,加熱・乾燥・焙煎では、コーヒー豆の焙煎,シュークリームのシュー焼き,焼き芋焼き機,金属製品の塗装炉,半導体,液晶基板板の加熱等に使用されています。

  
FAQトップへ

 

 

  ★ ジュール電極:Answers
 Q1.ジュール電極とはなんですか?
  
ある抵抗に電流を流すと必ず発熱します。この熱をジュール熱といいます。
このジュール熱用の電極です。
 Q2.ジュール電極の特徴は何ですか?
  
食品関係に使用されており、ジュール方式での食品加工では、加熱処理にかかる時間が短く、しかも外部からの加熱ではないので、食材全体が均一に加熱され、熱伝導による外部加熱、マイクロ波加熱等と比較して、迅速で、均一な加熱ができます。
また、溶射法を用い、導電性酸化チタンを電極としているため、イオンの溶出,電極の酸化が無く、長期間電極として使用出来ます。

  
FAQトップへ

 

 

  ★ バンドヒーター:Answers
 Q1.バンドヒーターとは何ですか?
  
ニクロム線などの発熱抵抗線を耐熱絶縁物を介して金属板で板状に包み込んだヒーターで、被加熱物の形状に合わせて、密着させて使用するヒーターです。

  
FAQトップへ